MENU

二日酔いの対策や治し方

二日酔いとは、摂取したアルコールが肝臓で分解され作られる、アセトアルデヒドという物質が原因と言われています。
まずは、飲む前に予防することが大切です。
二日酔いにならないに越したことはありません。
空腹時にお酒を飲むと、アルコールの吸収を早めてしまいますので、必ず何か胃に入れてから飲みましょう。
脂肪は胃ではほとんど吸収されないので、アルコールの吸収も一緒に遅らせる働きをしてくれます。
ドレッシングのかかったサラダや、オリーブオイル、バターがおすすめです。
飲む前に、スプーン一杯のオリーブオイルを飲むだけでも、全く何もしないのとでは違います。
濃度の高いものを大量摂取するのは危険ですが、緑茶に含まれるカテキンも予防には効きますので、こちらもおすすめです。
飲み方に気を付けるだけでも、予防になります。
一気飲みは、急性アルコール中毒を引き起こし、命にかかわります。
そうでなくとも、悪酔いしやすくなりますし、体に良くありません。
水やお茶などの水分がアルコールの分解に必要ですので、ゆっくり、一緒に飲むといいでしょう。
お酒の種類でも、二日酔いになりやすいもの、比較的なりにくいものがあります。
日本酒やビール、ワインは二日酔いになりやすいので、たくさん飲み過ぎないようにしましょう。
焼酎や泡盛などは比較的二日酔いになりにくいので、たくさん飲む場合はこちらの方がいいのですが、安いお酒はあまり関係なく悪酔いしやすいです。
あとは当然、飲みすぎないこと。加減して楽しく飲みましょう。

気を付けていても、ついつい飲みすぎてしまう、体調によっては二日酔いになることもあるでしょう。
なってしまったら、体内で生成されたアセトアルデヒドを排出することです。
水分をとって、時間の許す限り、しっかり休みましょう。

 

できるだけ早く治すためには

体を休めるのが一番。とは言え、休みたくとも休めないことも多いでしょう。
その場合少しでも早く治す必要があります。
まず水分を摂取し、一緒に排出してしまうこと。
お酒を飲む際に、水やお茶を一緒に取るほうがいいと言われるのは、アルコールを分解し、生成されたアセトアルデヒドを分解、排出するためには水分が必要だからです。
二日酔いのとき、寝起きに喉がカラカラになっているのではないでしょうか。
寝ている間にアルコール分解に水分がとられ、脱水に近い状態になっている可能性もあります。
無理にサウナに入るなどして、汗をかいて治そうとする人もいますが、汗で排出できる量は知れていますし、脱水状態にさらに水分を失うのは危険ですから、注意しましょう。
胃は体温に近い温度の飲み物のほうが、吸収が早くなりますので、体温程度の白湯をたくさん飲み、アセトアルデヒドを排出してしまいましょう。
吐き気がある場合はあまり我慢せず吐いてしまいましょう。
吐き気があるのは胃が弱っている証拠です。
本来胃の内容物を消化し腸に送るまでにかかる時間は2~3時間、物によっては4時間程度が普通です。
しっかり一晩寝ても胃に前日の食べ物が残っているのは、消化する能力が落ちているから。
つまり胃がだいぶ弱っている証拠です。
弱った胃を酷使し、内容物を消化させようとすると、吐き気や不快感はより長引いてしまいます。
胃の中身を空にしてしまった方が、胃にかかる負荷が軽減されますので、少し落ち着いてくるでしょう。
要注意なのは、頭痛がひどいとき。つい飲みたくなりますが、頭痛薬は良くありません。

肝臓がアルコールを分解することで一杯いっぱいになっているときに薬を飲むと、本来肝臓である程度抑えられるはずの薬の成分を摂取しすぎてしまうことがありますので、やめておきましょう。
お酒好きの中には、二日酔いには迎え酒、とさらにお酒を飲む人がいますが、これは単にアルコールで脳が麻痺して感覚が鈍くなることにより、体の不調を感じにくくなるだけです。
もちろん体によくありませんから、やめておきましょう。

 

二日酔いのときにおすすめの食べ物

体の機能回復には、栄養が必要です。
食べられるようになったら、胃に優しいもの、二日酔いに効くものを食べましょう。
シジミ、梅干し、ハチミツ、柿、カレーなどがおすすめです。
シジミには、ミネラル、アミノ酸が豊富に含まれており、オルニチンという成分が肝機能の保護をしてくれます。
味噌にはコリンという二日酔いに効くとされている成分が含まれていますので、シジミのお味噌汁はおすすめです。
梅干しに含まれるクエン酸とピクリン酸は、肝臓の機能を活発にすると言われています。
ご飯を食べるのが苦しいときは、お粥に梅干しを入れて食べやすくしましょう。
ハチミツに含まれる果糖は、予防にも回復にも効きます。
スプーン一杯を舐めるだけとお手軽でおすすめです。
柿に含まれるタンニンは、二日酔いの原因とされるアセトアルデヒドと結合して、体外に排出してくれます。
胃の調子が悪いときも比較的食べやすいのでデザートを柿にするなどしてもいいでしょう。
よく耳にする、ウコンに含まれているクルクミンは、肝臓を保護したり、解毒酵素を増やしたりしてくれます。こちらは二日酔いになってから、よりはお酒を飲む前が一番効果的なようですが、アルコールの代謝を促進してくれますので、体内にアルコールが残っている間はカレーなどで手軽に摂取してみましょう。

 

二日酔いにおすすめの飲み物

二日酔いを治すためには、水分摂取が大切と上記にもありますが、飲み物は水やお茶ばかりではありません。
スポーツドリンクは二日酔いに良いとされるアミノ酸が吸収されやすい形で含まれています。
水よりも吸収されるのが早いので、冷えたスポーツドリンクではなく、常温のぬるめのものをたくさん飲みましょう。
冷えたものでは吸収に時間が余計にかかりますから、おなかを壊すことにつながり、脱水状態を悪化させてしまいかねませんので気を付けましょう。
低血糖の予防にもいいとされる、グレープフルーツジュースに含まれるフルクトースという果糖には、アセトアルデヒドの分解をサポートする機能があります。
そのほかにも、イノシトールとうい成分が含まれていて、肝臓の負担軽減にも一役買ってくれます。
たくさん飲むのが苦しければ、水やスポーツドリンクをメインに、少しでも飲んでおくといいでしょう。
美容にもいいとされるトマト。トマトジュースを飲むと血中のアルコール濃度を低下させてくれるだけでなく、代謝を促す酵素の活性化を早めてくれます。
トマトベースのカクテルなども、トマトは二日酔いに良いという昔からある言い伝えからできたともいわれています。
アルコールには血管を拡張させる作用があります。
それによって頭痛が引き起こされます。
一方、コーヒーに含まれるカフェインには、血管を収縮させる作用がありますので、頭痛を和らげてくれます。
カフェインも過剰摂取は危険ですが、コップ1~2杯を目安に飲むと、二日酔いに頭痛にも効果的です。

 

二日酔いにおすすめの薬

二日酔いのときには、オルニチンや、アミノ酸、ウコンなどの含まれるサプリメントや、漢方薬がおすすめ。
薬局はもちろん、今やコンビニでも売っていることが多いので、手軽に手に入るので、二日酔いで体調が悪いときも、比較的楽に活用できるでしょう。
特に一人暮らしの人にとって、体調が悪いときに食材を買いに行く、重たい荷物を持つ、料理をするのは大変です。
そんな時は、サプリメントで二日酔いの不調改善に努めましょう。
サプリメントほどのお手軽さはないかもしれませんが、漢方も良いとされています。
吐き気や頭痛がひどいときは、五苓散。
胃腸炎のような症状には、半夏瀉心湯。
胸のむかつきには、黄連解毒湯。
など症状に合ったものを選んで服用するといいでしょう。

 

飲み過ぎなければ、お酒は体に悪いだけのものではありません。
以上のことに気を付けて、楽しくお酒を飲みましょう。

更新履歴
このページの先頭へ