MENU

二日酔いの頭痛のおすすめの治し方とは?

辛い二日酔い。特にガンガンと頭が痛いと仕事も手に付かず、場合によっては1日を無駄にしてしまいます。
なんとか頭痛を早めに治すことができたら、体もだいぶ楽になりますよね。
そこでここでは、二日酔いの際の辛い頭痛のおすすめの治し方についてご紹介します。

 

しじみの味噌汁でアセトアルデヒドを分解!

二日酔いにはしじみがいいとよく聞きますね。
そもそも二日酔いというのは、体内でアルコールが分解され「アセトアルデヒド」という物質が発生することによるもの。
このアセトアルデヒド、血管を拡張させることで頭痛を引き起こしてしまうのです。
そしてアセトアルデヒドの分解には、しじみのお味噌汁が効果的。
というのも、しじみに含まれる「オルニチン」という成分が、アルコール代謝がに作用し、アセトアルデヒドの濃度を下げてくれるからです。
ちなみにしじみだけでなく、あさりの味噌汁でも効果はありますよ。

 

 

ひたすら水分をたくさんとる

二日酔いのときには水をたくさん飲むと良いと言いますよね。
これは水分をたくさん取ることで、アセトアルデヒドの分解を促すからです。
また、たくさん水分をとって尿として体内から排出することで、アセトアルデヒドの排出も促されます。
ただ、理想は二日酔いになってからではなく、お酒を飲んでいるときにもできるだけ水を飲むのが良いでしょう。
そうすることで毒素であるアセトアルデヒドを排出してくれ、二日酔い防止になります。
また、ただの水を飲むのではなく、ミネラルなども補給できるスポーツドリンクを飲むのがよりおすすめです。

 

 

日本酒による二日酔いの場合はコーヒーを飲む

アデノシンという成分も、二日酔いの際の頭痛を引き起こす原因となります。
アデノシンには、血管を拡張させるはたらきがあるため、その結果頭痛の原因となってしまうのです。
アデノシンが含まれている主なお酒は日本酒。日本酒を飲んだ翌日は、脈に合わせたズキズキとした頭痛が起きることが多いですが、これはアデノシンによるものです。
こういった頭痛の場合は、カフェインの含まれるコーヒーを飲むのが効果的です。
カフェインには血管を収縮させてくれる作用があるので、アデノシンの影響で拡張した血管を収縮させてくれ、頭痛を抑えてくれます。

 

 

出来るのであれば吐く

アルコールが胃腸にあるうちは、体がアルコールを吸収し続けてしまいます。
なので、もし出来るのであれば吐いてしまうのも手です。
ただ、胃液によって喉が痛くなってしまう場合もあるので、あまり習慣化しないよう、どうしてもつらいときにとどめるのが良いかもしれません。
また、吐いた場合は脱水症状に陥る危険性もありますので、吐いた後は必ず水もしくはスポーツドリンクなどで水分補給しましょう。

 

以上、二日酔いの際の辛い頭痛の治し方についてまとめてみました。
頭痛が起こってしまった場合は、なるべく早く治って欲しい!と思うもの。是非この記事を参考にしてみてくださいね。

このページの先頭へ