MENU

辛い二日酔いで吐き気がするときの対処法と効果的な食べ物

飲みすぎた日の翌朝、目が覚めると二日酔いで吐き気がすることはありませんか?
吐き気があると食欲もないと思いますが、二日酔いの吐き気に効果的な食べ物がわかれば、少しは食欲もわくのではないでしょうか。
二日酔いの吐き気をおさえる対処法と効果がある食べ物をご紹介します。

 

二日酔いは、脱水症状、低血糖、肝機能の低下が原因で起こります。
飲酒をすると、アルコールの利尿作用によって脱水症状になりやすくなります。
また、肝臓では通常糖の貯蔵や供給も行っていますが、飲酒するとアルコールの分解が優先され、糖の供給が減少することで低血糖となります。
肝臓でアルコールを分解するとアセトアルデヒドが発生し、このアセトアルデヒドは毒性が高く、頭痛や吐き気の原因となるのです。

 

これらの症状をやわらげるためには、まず大切なのは水分補給です。
脱水症状をやわらげるほか、水をたくさん飲むことで体内のアセトアルデヒドの濃度を下げることができます。

 

低血糖を改善するのと肝機能の促進のためには、水分補給だけではなく、食べ物を食べてアルコールの分解速度を上げて二日酔いを治す必要があります。
では、二日酔いに効果的な食べ物をいくつかあげたいと思います。

 

『柿』
柿はほかの果物と比べて果糖を多く含んでいます。柿に含まれるタンニンは、胃粘膜に作用してアルコールを吸収しにくくさせ、アセトアルデヒドと結合して体外に排出されやすくなります。
『はちみつ』
はちみつには、果物にはあまり含まれていない果糖の一種が含まれており、頭痛をやわらげてくれる効果があります。
『梅干し』
梅干しには、肝臓を活性化させるピクリン酸と、疲労回復に役立つクエン酸が含まれています。二日酔いだけでなく、乗り物酔いのときも効くとされていますよね。
『アロエ』
アロエには解毒作用があり、アルコールの分解に必要なビタミンやミネラル、アミノ酸も多く含まれています。アロエヨーグルトなどで積極的に摂りましょう。
『にんにく』
にんにくには、アルコールの分解に必要なビタミンB1が豊富に含まれています。また、肝機能を向上させてくれるアリシンなども含まれています。飲む前に食べることで、より効果を発揮できます。

 

吐き気があるときに食べるにはキツいものもありますが、ただひたすら吐き気に耐えているよりは、十分に水分補給をして何かしら口にすることで、体調の回復が促されます。
特に、水分補給は必至です。嘔吐してしまうと、食道を消化液が通って粘膜が溶けてしまうことにもなります。
水を飲むことで、その消化液を洗い流してくれます。

 

二日酔いにならない程度に飲めれば問題ないのですが、もし飲みすぎて二日酔いになってしまったら、以上のような方法で二日酔いを早めに治しましょう。

このページの先頭へ