MENU

コーヒーが二日酔いに効く理由と飲み方の注意点

二日酔いの原因

コーヒーを飲むと二日酔いが緩和されると聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
二日酔いの原因は、症状によって少し異なります。
二日酔いで頭痛が起こるのは、アルコールや体内でアルコールを分解する際に発生するアセトアルデヒドなどの成分が血管を拡張し、神経が刺激されるためです。
吐き気の原因は脱水症状やアセトアルデヒドによる毒性、アルコールの飲みすぎによる胃酸過多です。
脱力感や疲労感の原因は、肝臓がアルコールの分解に追われ、疲労物質などを分解することができず、体内に残ったままになることです。
それでは、コーヒーはこれらの症状に効くのでしょうか。

 

コーヒーのカフェインで頭痛軽減

コーヒーに含まれている成分として有名なものがカフェインです。
カフェインには血管を収縮させる作用があります。
この作用は二日酔いで頭痛になる原因である、血管の拡張と逆の作用になります。
そのため、頭痛を軽減させてくれるのです。

 

コーヒーでアルコールを排出

コーヒーのカフェインには、利尿作用があります。
そのため、体内に残っているアセトアルデヒドなどの毒素を尿を出すことによって排出してくれます。
それにより、アルコールやアセトアルデヒドなどによる頭痛、吐き気の解消を早めることができるのです。
アルコールなどの分解が進むことで、それ以外の疲労物質などの分解も行われるようになり、疲労感の軽減にもつながります。

 

アルコールは肝臓に効く

大学の研究などでは、コーヒーを毎日飲む人は飲まない人よりも肝臓の数値がよいと発表されています。
詳細な理由は解明中のようですが、コーヒーは肝臓にもよい効果をもたらすことが期待できます。
肝臓の働きがよくなることで、アルコールの分解が促進され、二日酔いの軽減につながります。

 

二日酔いの時のコーヒーの飲み方

二日酔いの際は、胃酸過多であったり、暴飲暴食したりすることで胃腸が弱っていることが多いです。
また、それが吐き気の原因にもなっていることが考えられます。
そのため、ブラックで飲むのではなく、胃粘膜を保護してくれるミルクも入れましょう。
さらに、肝臓のエネルギー源である糖分を入れるとアルコールの分解を助ける効果も期待できます。
コーヒーを飲むと水分補給になるように思われますが、利尿作用があるため逆に体内の水分が奪われる可能性があります。
アルコールなどの成分を排出するためにも、コーヒー以外での水分補給もきちんと行いましょう。

このページの先頭へ