MENU

二日酔いとお風呂の相性が悪い原因とは?

脱水症状に陥る危険性がある

つらい二日酔いのときは、お風呂に入ることで頭をスッキリ・サッパリさせる…という人も多いかもしれませんね。
熱いお風呂に入って汗を流すと、アルコールも早く抜けるような気がします。
でも、実は二日酔いとお風呂の相性というのは良くないのです。
その理由の一つは、お風呂で汗をかくことで脱水状態に陥る危険性があるから。
そもそも二日酔いというのはお酒をたくさん飲むことで体にアルコールが残った状態なので、アルコールの利尿作用によって脱水状態になっています。
この状態のときにお風呂で汗をかくと、より体内の水分が排出されることでより危険な脱水症状を起こしかねません。

 

二日酔いの治りが遅くなる

二日酔いとお風呂の相性が悪いもう一つの理由として、二日酔いの治りが逆に遅くなってしまうということが挙げられます。
アルコールを分解するのはご存知の通り肝臓ですが、入浴することにより急激に血行が良くなり、肝臓に血液が集まりにくくなってしまいます。
その結果、アルコールがうまく分解されず逆に二日酔いの治りが遅くなってしまうのです。
また、急に血行が良くなることで逆に頭痛が酷くなったり気分が悪くなったりしまうこともありますので、要注意です。

 

心臓への負担も大きい

さらに、二日酔いの状態の入浴というのは心臓にも良くありません。
二日酔いのときはアルコールの影響で心拍数が上がって血圧も上がりやすいもの。この状態で無理に熱いお風呂に入ってしまうと心臓に大きな負担がかかってしまうのです。

 

サウナは二日酔い対策として最もNG

上記の理由から、二日酔い対策として最も避けなければならないのはサウナです。
サウナに入ると大量の汗をかきますので、より脱水状態が加速して血液がドロドロになり、最悪の場合は命の危険すらあります。
また、急激に体温が上がるため心臓にもより負担が大きくなってしまいます。

 

お風呂に入る時はシャワーで

以上の理由から、二日酔いのときのお風呂、特に熱いお風呂というのは避ける必要があります。
ただ、どうしても気分をスッキリさせたい…という場合もありますよね。
その場合は、シャワーを浴びる、もしくは40度以下のぬるめのお風呂つかるというのがおすすめです。これなら必要以上に汗をかいて脱水状態になる危険性もありませんし、心臓への負担も軽くなります。
また、脱水症状になるのを防ぐため、入浴前後には十分に水分補給をすることが最も重要です。
ただ、頭痛があまりにひどい、吐き気がひどいなどの二日酔い症状が重い場合は無理に入浴せず横になって休むようにしましょう。

このページの先頭へ